<レビュー>ジョグを高速化させるジャジャ馬「adizero SL2」!相性に注意?

ランニング

こんにちは。2024年6月よりアディダスから「adizero SL2(アディゼロSL2)」が発売されました。筆者は前作から愛用していましたが今作は大幅にアップデートされたと聞き早速履いてみました。実際に履いた感想を以下にまとめます。

「adizero SL2」の特徴

スペック・前作との違い

「アディゼロSL2」は「日々のジョグに軽さを求めるランナーへ」がコンセプトで、サポートモデルでありながら軽量性を重視したランニングシューズです。ジョギングモデルのカテゴリーですが昨今トレンドの厚底ミッドソール高反発素材が搭載された設計となっています。スペックと前作との違いは下記の通りです。

  • ソールのメイン素材はLIGHTSTRIKE2.0になり高弾性化(前作はLIGHTSTRIKE)
  • 高反発素材「LIGHTSTRIKE PROを全面搭載(前作は前足部のみ)
  • 「LIGHTSTRIKE PRO」と「LIGHTSTRIKE2.0」のサンドイッチ構造(前作は準2層構造)
  • ソールは最大36mmに厚底化(前作は33mm)
  • ドロップが10mmになり重心移動のアシスト強化(前作は8.5mm)
  • 重量は232gに軽量化(前作は240g, 27.0cm)

サンドイッチ構造のミッドソール

今回の一番のアップデートとして高反発素材「LIGHTSTRIKE PRO」がフルレングスで搭載され、更に安定性の高い「LIGHTSTRIKE2.0」で上下にサンドイッチされた構造になっています。

出典:adidas.com

「LIGHTSTRIKE2.0」は前作の「LIGHTSTRIKE」よりも柔らかく高弾性のため、全体的なクッション性・反発弾性が高くなったと言えます。

サイズ感・履き心地

サイズ感は小さめ

これまでのアディゼロシリーズに比べてサイズ感は小さめでした。特にアッパーが伸びにくく横幅も細身のためワンサイズ相当小さめに感じました。

そのため、サイズ選びは普段と同じ〜ワンサイズアップ足幅が細めのランナーにオススメです。カラーが限定されますがワイドモデルもあるため足幅が標準〜広めのランナーはワイドモデルの方がフィットすると考えます。

筆者はアディゼロシリーズは26.0cmを選んでいますが「アディゼロSL2」は26.5cmを選びました。筆者は足幅が細めのため26.0cmと迷いましたがジョグ用途のためゆとりをもってワンサイズアップしました。

前作とは別物のフィット感

前作は厚手でクッション感のあるアッパーでしたが「アディゼロSL2」はアッパーが薄く非伸縮性になり硬めの履き心地となりました。一方で、シュータンと踵回りは厚手のままで快適性と追従性のバランスが良好でした。ジョギングモデルとレーシングモデルの特徴が上手く融合されていると感じます。

 

走行感

レースシューズ並みのスピード!

一番の特徴として、ジョギングモデルにも関わらず反発性が高く半ば強制的にペースが上がるジャジャ馬と感じました。

前作は「意思相応にペースを上げられる」感覚でしたが、アディゼロSL2は「足を置くだけでオートマチックに弾む」感覚でした。実際に走るとキロ5分で走ったつもりが自然とキロ4:30ペースまで上がり、キロ3分台の流しや軽いスピード走でも反発不足は感じずスピード性能はかなり高いと感じました。

一方で、接地感があるようで少なくペースが掴み難いため、キロ6分より遅いペースでは意図的にペースを落とさないと走り難いと感じました。

総じて、一般市民ランナーにとってはジョギングからスピード走まで1足で広く対応できると考えます。特にレースや普段のランニングで手軽にかっ飛ばしたいランナーにオススメです。

競合モデルよりも安定性・クッション性は低め

サンドイッチ構造のミッドソールにより足裏に剛性を感じ、オーソドックスなロッカー構造により接地面が広いため、安定性は十分だと感じました。厚底のためクッション性は十分ですが反発が強く重量もスペック相応に感じるため、脚のダメージを減らすよりもスピードを上げる練習の用途が合っていると考えます。

ナイキ「エアズームペガサス」やニューバランス「Fuelcell propel」などの競合モデルに比べて反発弾性が高い分、沈み込み感とダメージを感じやすかったです。

そのため、スピードエントリーモデルの中でもスピード重視なら「アディゼロSL2」、ダメージ軽減重視なら他競合モデルがオススメです。

相性がはっきり分かれるため注意?

シューズの性能は非常に高いですが、走行感に癖があり相性がはっきり分かれると考えます。また、これまでのアディゼロシリーズとも走行感が大きく異なると感じました。

アディゼロジャパンボストン前足部に高反発素材が多く配合されていて足抜けが良く前重心(ミッド〜フォアフット)で走りやすいシューズでしたが、「アディゼロSL2」は踵の反発性が高く後重心で走りやすいシューズでした。特に踵の沈み込みが強く足抜けが遅いため反発を貰うまでのラグが長いと感じました。

屈曲点も踵側にあります。

そのため、ヒールストライカー(踵接地)ゆったりしたテンポ(長めの接地時間)で走りたいランナーと相性が良いと考えます。

これまでのアディゼロシリーズの足抜けの良さが好きだった筆者には走り方が合わなかったです…

まとめ

  • ジョギングシューズの中では反発性はトップクラス
  • 踵接地でゆったりしたリズムで走りたいランナーにオススメ
  • 相性がはっきり分かれるため試し履き推奨
  • ジョギングからレースまで広く使える

もはやジョグシューズと言えない性能になってしまいましたが、走行感が合えば毎日のランニングが楽しくなりそうです!目標達成に向けて頑張っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました