<レビュー>安定感抜群!レーシングな履き心地の「アディゼロボストン11」

ランニング

こんにちは。2022年7月よりアディダスから厚底ランニングシューズ「アディゼロボストン11」が発売されました。

筆者は前作も愛用していて、今作も気になり履いてみたため感想をまとめました。

前作のレビューについては下記をご覧ください。

<レビュー>アディゼロボストン10は非エリート向けエリートシューズ
こんにちは。近年では厚底カーボンプレート入りシューズが業界を圧巻していますね。普段から厚底のランニングシューズを着用している市民ランナーも多く見かけるようになりました。 今回は、アディダスから発売されている厚底シューズ「アディゼロボス...

「ボストン11」の特徴

ターゲットはサブ3.5~4中心

公式ではサブ3.5~4を中心に幅広く使いやすいシューズとされています。

ハイエンドモデルである「アディオスプロ3」と同じテクノロジーが使用されている一方で、サポート機能が施されているので幅広いペースで使いやすいと考えます。

厚底+2層構造のミッドソール

ボストン11はソール厚みが31-39.8mm(前足部-踵部)とWA規格上限までソールを厚くした、いわゆる厚底シューズです。ソールのクッション性・反発性を最大限に活かすことができ、フルマラソンのような長い距離の巡航に向いています

ミッドソール素材にはアディダス史上最高反発の「ライトストライクプロ」と安定性の高い「ライトストライク」の2層構造となっています。エリートモデルの「アディオスプロ」はライトストライクプロのみを使用しているため、「アディオスプロ」よりも安定性と耐久性が高いと言えます。

出典:Adidas.com

反発を生む5本指エナジーロッドを搭載

ミッドソール内には中足~前足部にかけて5本のエナジーロッドが搭載されており、反発性と重心移動のアシストを高める効果があります。

これはアディダス独自のテクノロジーで、ロッドが1本1本が独立して動くことで一枚のプレートに比べて接地感がナチュラルで突き上げ感が少ない特徴があります。

「アディオスプロ」ではエナジーロッドがカーボン製であるのに対し、ボストン11は曲げやすく扱いやすいグラスファイバー製となっています。

また、踵部にはナイロン製のプレートが搭載されています。これにより厚底で不安定になりがちな踵の安定性が高くなるように設計されています。

出展:Adidas.com

唯一の変更点:アッパーが軽量な「SUPERLIGHT MESH」に変更

前作はアッパーが厚手で柔らかい足当たりであったのに対し、ボストン11ではアッパーが「SUPERLIGHT MESH」という素材に変更されました。

薄手で低伸縮性のためパワーロスが少なく反応が速いことが特徴と言えます。

また、アッパーが2層になっているため、ペラペラ感はなくホールド感も両立されるよう工夫されています。

サイズ感・履き心地

サイズは普段と同じ~ワンサイズダウンがオススメ

普段のシューズや前作と同じサイズで問題無ったですが、前作(ボストン10)よりも若干大きいと感じました。2サイズで迷う場合はワンサイズ小さくても問題無いと考えます。

アディダスにしては横幅が広めであるため足幅を選ばず履きやすそうです。ワイドモデルもあるため足幅が広い人にも履きやすいラインナップとなっています。

アッパーのホールド感は高いが好みが分かれる?

前作はアッパーが厚手で柔らかい足当たりであったのに対し、ボストン11ではアッパーが硬めになったことでホールド感と反応性が高いと感じました。

アッパーが軽量になったことも相まって、前作よりもペースを上げた時のシューズの追従性が良好でした。

但し、ボストン11が一様に優れているわけではなく、フィット感は好みが分かれると思います。個人的には足当たりの柔らかさ重視ならボストン10、ホールド感や反応性重視ならボストン11がオススメです。

走行感

クッションは硬めだが安定性が高い

前作と同様に、厚底にしてはクッショニングがしっかりしていて安定性が高いと感じました。

個人的な感覚ですが、競合モデルと比べると以下のように感じました。

  • 推進力 ボストン11≦ウェーブエアロ(ミズノ)<ズームフライ(ナイキ)
  • 安定性 ズームフライ(ナイキ)<ウェーブエアロ(ミズノ)<ボストン11
  • クッション性 ボストン11<ウェーブエアロ(ミズノ)<ズームフライ(ナイキ)

総じて、ボストン11は推進力の高さよりもペース維持が得意なシューズだと考えます。

また、過度な沈み込みや回転性に癖が無く自分の意志でペースをコントロールしやすいため、これから厚底シューズを履きたい人操作性を重視している人にオススメです。

ストライド走法向き?

シューズは軽量とは言えませんが反発性・ライド感があるため、足をスムーズに転がすよりもソールとエナジーバーの反発を使った方が走りやすかったです。

実際の走行時のデータもピッチが下がってストライドが伸びており、どちらかと言うとストライド走法寄りだと感じました。

また、ソールをミッドフットで面で押すよりも、エナジーロッドのある前足部を点で押した方が反発を貰いやすかったです。こちらは走り方で好みが分かれるかと思います。

より幅広いペースで使いやすくなった(サブ4~3.25)

キロ6~4のどのペースでも扱いやすく、ジョグからスピード練習まで幅広く使いやすいと感じました。

キロ6分付近のペースでは癖が無く安定性が目立ち、ペースが速くなるほどクッション性・反発性が高く感じられました

また、前作よりも反応が速く、キロ4分前半ペースでも十分に使いやすくペース維持も楽でした。但し、キロ5分より遅いペースでは前作とスピード感に差は感じなかったため、キロ5分より遅いペースで使用する場合はフィット感が柔らかい前作を使用するのもありだと考えます。

推進力だけならズームフライ(ナイキ)の方が高いかもしれませんが、マラソン終盤ならズームフライよりもペースを維持しやすいのではと期待しています。

まとめ

  • ボストン11は厚底でエリートモデルと同じテクノロジーを使用
  • アッパー変更により軽量性・反応性がアップ
  • 前作より速いスピードに対応しやすくなった
  • サブ4~3.25のレース用、ロング走練習にオススメ
  • スローペースでの使用、フィット感重視なら前作の選択も有り

前作の耐久性が高すぎて、履き潰せていないのに新作を買ってしまいました。早く交代できるように練習を頑張っていきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました